なぜバルセロナは何千人もの観光客にとって夢の目的地ではないのでしょうか?オーバーツーリズムの裏の顔を発見しましょう!

要するに

  • 人口過多: バルセロナはオーバーツーリズムの被害者であり、観光地での大幅な過密化につながっています。
  • 環境への影響: 大量の観光客の存在は、都市とそのビーチの環境に悪影響を及ぼします。
  • 価格爆発: 観光に伴う高額な費用は、住民の生活や観光客の都市へのアクセスに影響を与えます。
  • 信頼性の喪失: 観光客の流入により、観光客のオファーが標準化され、地元の文化や目的地の信頼性が損なわれています。

スペインを象徴する都市であるバルセロナには、太陽、文化、パーティーを求めて毎年何千人もの観光客が集まります。しかし、この牧歌的なイメージの背後には、オーバーツーリズムという暗い現実があります。バルセロナが必ずしもすべての人にとって夢の目的地ではない理由を一緒に考えてみましょう。

バルセロナのオーバーツーリズムの現実

バルセロナというと、人々の想像力の中で、太陽が降り注ぐビーチ、絵のように美しい街路、活気に満ちた文化などのイメージが思い浮かびます。しかし、何千人もの観光客、そしてそれ以上の住民にとって、カタルーニャの首都は、それほど牧歌的な隠れた側面を明らかにしています。 オーバーツーリズム

地元のデモと反応

最近、約 3,000 人の住民がバルセロナの街頭に出て、都市の悪影響に抗議しました。 オーバーツーリズム。 「バルセロナはディズニーランドではない」や「BCNを再び無料に」というスローガンは、国民のうんざりを反映している。住民らは、不動産価格を押し上げるだけでなく、地元住民や企業を追い出している横行する観光に不満を表明している。

乱れた日常風景

ランブラス通りからバルセロナまで行われたデモでは、いくつかのコミカルな場面もあった。観光客らは明らかに地元の要求を無視して、圧倒的な存在感に抗議するデモ参加者の写真を撮った。この並列は、観光客の認識と地元住民の日常の現実との間のギャップを浮き彫りにします。

オーバーツーリズムの具体的な影響

不動産価格の上昇に加えて、デモ参加者は状況を悪化させるさまざまなプロジェクトやイベントに対して怒りを表明した。 オーバーツーリズム :

  • 観光客向けのホテルやレストランの急増
  • 空港拡張
  • アメリカズカップやF1などのイベントの出現
  • クルーズ船は毎日何千人もの訪問者を捨てています
  • グエル公園などの象徴的な場所がプライベートイベントのために閉鎖される

オーバーツーリズムを制限するための措置

この憂慮すべき状況に直面して、バルセロナ市長のジャウメ・コルボーニは、感染を制限するための一連の措置を発表した。 観光客の混雑。これらの措置の最も象徴的なものは、AirBnbなどのプラットフォームによって管理されることが多い1万戸以上の観光用アパートを撤去して住宅用途に戻すことである。

「私たちはこの問題の複雑さを認識しており、単純な解決策を拒否します。私たちの目標は、すべての人に利益をもたらすバランスのとれた持続可能な観光モデルを構築することです」と市長は述べ、持続可能な解決策を見つけるという市の取り組みを強調した。

責任ある観光の呼びかけ

バルセロナは観光モデルの変革を目指し、観光モデルをより魅力的なものにしようとしている 持続可能な そして住民を尊重すること。抗議活動やとられた行動は、重要な変化を求めるものです。観光客は都市の美しさと文化の豊かさを楽しむと同時に、その影響を認識し、責任ある行動をするよう求められています。