夏休みは子供の健康にとって危険ですか?憂慮すべき研究結果を発見する

要するに

  • 夏休み
  • 子供の健康
  • 心配な勉強
  • 危険な結果

子どもたちが待ち望んでいた夏休みは、時に健康を脅かす可能性があります。ある暴露的な研究は、この余暇期間中に若者がさらされる潜在的な危険を指摘しています。この研究の驚くべき発見を一緒に見ていきましょう。

顕微鏡で観察した子どもたちの夏の習慣

7月5日から全学生が正式に夏休みに入りました。しかし、子どもたちとその家族が待ち望んでいたこの休息期間には、過小評価されることもある課題が伴います。私たちは泳いだり、日焼け止めを塗ったり、リラックスしたりすることをよく考えますが、現実はより微妙なことがよくあります。国際ジャーナルに掲載された南オーストラリア大学の研究によると 子供たち、ザ 夏休み ~への曝露が増加することがよくある 画面体を動かさない生活 マークされた。

問題のある座りっぱなしのライフスタイル

研究者らは以下の行動を分析した。 1,400万人の学童 5 歳から 18 歳までの若者が憂慮すべき傾向に気づきました。夏休みの間、若者は屋内やスクリーンの前でより多くの時間を過ごします。こうした行動の変化により、 体調の悪化体重の増加。身体的持久力の著しい低下が懸念されます。学年度の初めには、子どもたちは学年末に見られたような初期の体力レベルを取り戻すのに苦労することがよくあります。

学習の結果

夏休みには身体的な影響に加えて、 学習能力への影響 子供たち。リズムと学校の要求が崩れると、ある種の断絶が生じ、その結果、学年の初めに学業成績が低下します。

ライフスタイルと食生活の役割

この期間中、学童はあまり健康的ではない食行動をとることが多く、食物の摂取量が増加します。 ジャンクフード。研究の筆頭著者であるエミリー・エグリティス氏は、これらの要因の組み合わせにより、 健康への重大な悪影響特に恵まれない背景を持つ子供たちの間で。

適応した身体活動の推奨事項

健康を維持するには、子供たちに休暇中も活動的に過ごすよう奨励することが不可欠です。年齢に基づいたANSES(国家食品安全庁)の推奨事項は次のとおりです。

  • 5 歳未満のお子様の場合:
    1日あたり3時間の身体活動を実践することをお勧めします。歩く、走る、跳ぶ、投げる、バランスを取るなどのさまざまなアクティビティを通じて、遊びと楽しみを促進します。
  • 6 歳から 11 歳までのお子様の場合:
    毎日 1 時間の中強度から高強度の身体活動が推奨されます。
  • 12 歳から 17 歳の青少年の場合:
    中程度から激しい強度の身体活動を毎日 1 時間練習することが不可欠です。アクティビティでは筋肉に負荷をかけ、持久力と柔軟性を向上させる必要があります。体操、登山、ダンス、球技などのアクティビティがおすすめです。青少年には、友人、クラブ、家族と行うかどうかにかかわらず、自分が楽しめる活動を選択するよう奨励されるべきです。

結論として、夏休みは休息し、家族との時間を楽しむ機会ではありますが、座りっぱなしのライフスタイルや不適切な食生活に伴うリスクについては常に警戒することが重要です。子どもたちの健康と幸福を保証するには、リラクゼーションと身体活動のバランスが不可欠です。