Bison futé が金曜日と土曜日には道路に出ないよう強く勧める理由を知りたいですか?

要するに

  • 賢いもの 金曜日と土曜日に道路を利用しないことを強くお勧めします
  • この推奨理由 渋滞 激しい
  • 注意 気象条件により必要な場合
  • スケジュール 渋滞を避けるため

今週の金曜日と土曜日、バイソン・フテは道路に行かないよう強く勧めます。このアラートの背後にある理由と交通予測を調べて、旅行をよりよく予測してください。

休暇出発の赤い日

毎週金曜日と土曜日、以下を含む多くの地域イルドフランス、 そこには ノルマンディー、 そこには ブルターニュ そしてその オー・ド・フランス、Bison Futéでは赤に分類されます。これは、 渋滞 特に休暇中の出発に関しては、非常に混雑しています。南西部の A62 や A63、南東部の A7 や A50 など、南に向かう高速道路は、混雑していることがよくあります。

主要道路で大渋滞

金曜日には、北部地域を運行する高速道路 (A13、A25、A1) でも重大な影響が発生します。 混雑。で イルドフランス、特に高速道路 A6 と A10 の料金所付近では、朝遅くから交通が非常に混雑します。などの経路 郊外の通り、A86 と A6B もトラフィックが大幅に増加しています。この状況は、午後になると週末の出発と通勤が重なることでさらに悪化し、夕方遅くまで続く交通渋滞を引き起こします。

土曜日: 激しい出発の朝

土曜日は、休暇中の出発が午前中から午後半ばまでに集中します。 A11、A10(特にオルレアン周辺)、A7などの高速道路は特に混雑しており、モンブラントンネルへのアクセスはさらに困難になっています。イルドフランス在住者にとって、 減速 A10 高速道路では早朝に出発し、程度は低いですが A6 高速道路でも出発します。高速道路 A13 も午前中から障害に遭遇する可能性があり、こうした渋滞は午後の早い時間まで続く可能性があります。

渋滞を回避するための実践的なヒント

道路上の不都合を回避するためのヒントをいくつか紹介します。

  • 金曜日と土曜日の朝のピーク時間帯に出発することは避けてください。
  • 深夜や早朝など、オフピークの時間帯に出発することをおすすめします。
  • Bison Futé を定期的にチェックして、リアルタイムの交通情報を確認してください。
  • レッドゾーンを回避する代替ルートを検討してください。

日曜日:比較的小康状態

日曜日には状況はいくらか改善します。だけイルドフランス そして地域 オーヴェルニュ・ローヌ・アルプ 出発方向ではオレンジ色で分類されたままになります。 L’イルドフランス 復路にもかなりの渋滞が発生しますが、金曜日や土曜日に比べて状況は一般的にそれほど問題はありません。